Yes. or. No

DATE:2017.02.01

「世界一の蕎麦が来ない!」

「世界一の蕎麦が来ない!」

凄過ぎる聴き間違い?空耳?・・・?!

かなり、ライブで耳に届くのだけれど。

 

天婦羅をあげながら、店内を覗いて見ると、

お茶目な口元から、その台詞は、豪快に出ていた。

 

自由気ままなリズムで。

IMG_0364

寒中の冷えがもたらしてくれる事ごとは、

日常の怠惰化のみならず、 記憶さえ、事実の事でさえ、

凍らせてしまうような・・・・・・冷たさがあり、

耐える、の一語に納まる、反芻時間。

姪っ子が、何も気にせず、一つの音楽にした数分は、

この冷えが!!と、2016年の玄蕎麦を想う私達と同じ様に、

味わい深く、香り豊かにしてくれた。

鼻から抜ける、甘い空気となって。

IMG_0367

初めて、2月の蕎麦祭りを辞退した。

合併以前から、水府村で、玄蕎麦の芳醇時期として取り組んできた。

「すいふ」という名が確実に残らない事は、以前から認識はしていたが、

では、「常陸秋蕎麦」という名は、どうなのだろう・・・?!と、

いい加減、「・・か?!」が、無くなった。

 

真っ当な商いを。

 

出来る時は出来ると、言いたい。

無理に、出来るとは、言わない。

 

結果として、Yesと、Noだろう。

IMG_0368

「誰も居ない時はいいからさあ・・・」と、

世界一という表現に照れながら、姪っ子をなだめる姉。

そう、誰も居ない時がある・・・オフシーズン。

 

大事な時期。

大事な粉が、眠りから醒める時期。

 

小さくても、その世界があるから。

由としよう。

 

歳を重ねて、解りたい世界もある。

 

 

何が本当なのか・・・と。

 

 

 

 

最近のたより

2017.7.20
Day dream
2017.6.7
Physis
2017.5.24
Mechanism
2017.4.23
Catch
2017.4.5
Daily