Universal

DATE:2018.06.21

ほぼほぼ、ありとあらゆるものが、

1ヶ月早いと体感している2018年。

立春から、それら総ての、

各々のスピードに追い付くのがやっとだった。

IMG_0735

麦秋を、眺められたと思ったら、栗花落時期。

瞬間、瞬間を、さかのぼって、

例年の、今時分の光景に落ち着く。

いとおしむ感覚、恐怖、喪失感、希望・・・、

幅広く、人の中にゆきわたり、

存在しては、ついぞ闘ってみたりする物事とは、

醸し出す匂いの差に、

恐縮する。

IMG_0710

小さな小さな小さなチカラ。

 

あらゆる場合に、

当てはまるだろう。

底辺でも、天辺でも。

 

2度同じ時間は、流れないから。

IMG_0706

忘れてもいい・・・通じていよう。

赴くままに。

 

一所。

改めて想う、 夏至。

 

 

 

 

 

 

最近のたより

2018.6.29
Elevate
2018.6.21
Universal
2018.5.12
Name
2018.4.18
Human
2018.3.30
Please