Public

DATE:2015.02.28

忘れてはいませんでした。

Exif_JPEG_PICTURE

 

一時の、末端から凍えた日々を思えば、今回の冬は、暖かかった。

立春を終えて、待ちに待った雨水も経た。

「ふきのとうを見つけると、嬉しくなる!!」と、無邪気な笑顔の常連さん。

肩の荷が軽くなるような、不思議な力がある。

春。

Exif_JPEG_PICTURE

 

この小さな山の上に、桜の老木がある事。

彼らが、ウソである事。

お互いに、知っていました。

「花芽を食べないで!」とは、初飛来時も思わなかっつた・・・そう・・・・・・

私達人間が、ふきのとうを見つける様なものだもの・・・と。

Exif_JPEG_PICTURE

 

2度目になりますが、今春桜は、あまり咲かないかも?しれません。

18年目。

おばちゃん達は、50歳になろうか?という時に、開店したのだったな・・・。

姉と営んでからは、6年になるのだな・・・。

何もしてこなかった様なもの・・・?!・・・。

中学生になるぐらいまでの事は、してこれたかな・・・?!・・・。

おおっぴらな態で、じっと、ひたすらじっと、

積み重ねる歳月を想う。

一所に立ち続けている、木の様なものかもしれない。

そこに、嘘は無い。

Exif_JPEG_PICTURE

 

共に、立っていよう。

 

いつもいちから。

最近のたより

2018.6.29
Elevate
2018.6.21
Universal
2018.5.12
Name
2018.4.18
Human
2018.3.30
Please