Overlook

DATE:2016.04.28

image

桜、桜、桜と共に、昼夜問わず過ごして来て、早いもので・・・

生命の息吹に、包まれるようになりました。

どっと、身体が重苦しくなっても、萌える力が染み渡り、

動ける!!気になるものです。

有り難い。

image

土竜にねずみ、蛾のお目見え、ゲジゲジに、雉の声音・・・。

どんなに精密な予知機能があっても、自然の・・・言葉は無いけれど、

その発信を、目こぼさない様にしたい。

当たらないにこした事はない。

許して、大目にみよう。

微笑ましい日常があるなら。

image

災害を比べず、事態を、慎ましやかに受け入れる土俵に立っていよう。

自然はいつも私達を、観察調査してくれているような気がするから。

活きる力を忘れたら、見晴らしは、変わったままでしかない。

image

そんなはずはないよ・・・。

大地の声に、耳をすまそう。

image

熊本地震。

被災されている方々のこれからを、

深く、お祈り申し上げます。

Aid

DATE:2016.04.05

空気のように、煙草を吸う祖父。

特に春、この時期になると、軽トラックに乗ってやって来た。

image

自然を、長年培った目と感で慈しみ、常に、裸足。

手拭いを腰からぶら下げる格好は、歳の功で、渋みがあった。

鼻が悪いから・・・と、沈丁花が咲くと嬉しそうに、

その強い香りを楽しんでいた祖母と一緒に、

ナニかが無い限り、いつもこの天下野に居た。

どんな理不尽な事があっても、二人が言い争う場面は、

見た記憶が無い。

image

文化と文明は、相入れることはないという説も、判らなくもないけれど、

シンプルな者同士が、生み出し、本質を、促進し続けたら・・・どうだろう。

日々の積み重ねに、救いの手が差し伸べられて、時は今!!・・・と、

覚悟に、微笑み返す事が出来る。

image

四年ぶりに、多く花芽を保ったまま、開花。

ちょうど、新しい許可証が届いた日。

寿命を全うしようとする姿・・・そのタイミング・・・様々な助力に、

古木の下で頭が上がらない。

嬉しくて。

だから、応えよう。

頑張って働けよ!!という声に。

image

 

Take

DATE:2016.03.05

雛祭りに、また縁がない・・・と、

看病疲れの目をしながら、姉が呟いた。

インフルエンザにかかった子を想う、

母親7年目の顔だった。

甥っ子は今年、小学生。姪っ子も、ミカン色

ジャージ姿の園児に進む。

目尻のシワも、手のひらのタコも硬くなる・・・

湿布を手放せないのも・・・合点のゆく・・・

年数が経ったのだな・・・、

力強くなった春の陽を浴びながら、想う。

土、水、・・・蕎麦粉、小麦粉、天ぷら粉・・・

毎日、手を置いてきた。

この地の空気にも、触れてきた。

かけがえの無い人の命を、連れていって終われたり、

必要性が異なるが故の、喧嘩・・・自問自答・・・

繰り返してきた。

悔し涙も、無味な涙も・・・他・・

実は、傲(業)から出る、ただの水分でしかない事も、

学んできたように思う。

 

7年後か・・・。

 

また、ここで、営業許可、衛生管理の更新がしたいな。

やらねばならない数量が増えても、悪戦苦闘しながら

出来る!億万長者!!になって。

 

これまでとは、違った月日になるのは確かなこと。

 

尚更、動物味のある天下野の暮らしを、引き受けよう。

そして、人情味が講じる枝振りを、

そのまま・・・選んで・・・生かされたい。

image7-600x450

 

 

Prescription

DATE:2016.02.16

手を入れる。そこには、激動の、秋から冬があり、

回復と、休息の時期・・寒中・・立春がある。

目と、両手、そして鼻で、その確かな移ろいを喜び、

始まりを身体で認識する。

確かに、冷え、凍えた。雪も降った。

子供達は、まっさらに遊び、冷たさを感じない程夢中になった。

image3

平熱35・7の身に、38度は、目が眩む。

それでもその日で治すぐらい、天下野には、Dr.コトーがいて、

姉妹共々に、カルテに、全力!と書き、処方箋を出してくれる。

指示に徹底して、その病の時効を迎える。

image

っあ!と、鶯の初音!!・・・?!あれ?

気持ちが先行したのか、空耳か。

今年は、既に、1ヶ月、なにもかにもがはやい気がする。

でも二十四節気だと、規定通りだから、

不思議・・・面白い。image

どんどん、出してゆこう!処方箋!!

重ねた分だけ集まった。

咲き続け、こぼれるまで。

嘘の無い、義の有る時間を。

地域へ、家族へ、心友へ、そして自身へ。

image5

 

Field

DATE:2016.01.04

継いでからの年月ぶん、当時の姉の歳に、近付いてきました。

私だけではなくて、近隣の方、事々みな、子供の成長と比例して、年相応に、様々な色が交ざったり、重くなったり…軽くなったり…しているように想います。

葉いちまいが、一枚づつ、色を変え、種類によっても異なる。自然体が、私達人間では醸し出せない色彩の中へ、誘い出してくれた秋……気味が悪い程暖かで、鎮静の雨が多かったですね。

師走を迎えても、所々に銀杏や、楓が鮮やかに残っていて、立地が違うおかげで、秋から冬へ変化する摂理を、きちんと、呼吸をしながら愛でられた気がします。

17年ぶり!!5年ぶり!となる要所要所の、補修実施を、9月から、じわりじわり進めていたのもあったので、一時の安らぎになりました。

夏門秋庭、寒の土。image

父と二人で、ものづくりをしてきた中で、一番、感慨深い、仕上がりになったと想います。まだ…、寒の入りまで…作業は残っていますが…。

経営を、店を、想うぐらい、素直な、娘としての付き合いや、三女、妹らしさを持った立ち振舞いが、家族と出来にくくなった分…、一所に居て、寝込まずにし続けてこれた、そのエネルギーの源は、一体何なのか…。

答が、今回の作業の中にありました。

得るものが、失うものが、ココにあり、

合わないものが、合間みえるのも、ココなら…ある。……と。

慈善事業では成り立たない営みをしています。世間一般の女性が選択する項目を、欄から外し、むしろ、最小限で、性別と向き合って、年がら年中、日々のサイクルが変わらない。

実地に、調和する。

パソコンは直せないにしても……出来るであろう可能性は、広くもって。

山の上にある小さな蕎麦屋。imagel

本年も宜しくお願い申し上げます。

最近のたより

2017.6.7
Physis
2017.5.24
Mechanism
2017.4.23
Catch
2017.4.5
Daily
2017.3.10
Compass