Crazy

DATE:2018.01.31

始まり。

始まったら、

ただ、静かに眺めていたい。

どこまででも構わないとさえ思いながら。

無いようで有るから・・・、

静かな声、音が、

必ず舞い降りるもの。

IMG_0620

言葉にしたところで、眼を見つめただけで、

硬直しかねない人間社会とは、

雲泥の差。

 

分かり合えない域は無いのが、  しぜんかい・・・!?

 

従うしかなかったり、右往左往しても、俯く時期は勿論あるが、

微笑む時期も、 同じ様に訪れる。

 

気がオカシイとしか伝わらなくても、

そのまま・・・そのまま。

 

夢中なら、なおさら。

IMG_0623

どんな寒波、熱波がきても、

氷河期と捉えて、相応の暮らしを。

 

何かに熱中して、心まで凍っては、正気ではない。

二進も三進も行かないようにはならないでいよう。

 

まだ、もう少し、生きたい。

IMG_0625

気温や天気ではなく、単純に、

ある時間を大切に。

手づくりの郷    天下野      20年。

1日、1年づつ・・・未知数だけれど・・・、

20年後を見据えた影を、

残そう。

手を掛けさせなくてもとける程度に。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Voice

DATE:2017.12.23

プカプカプカプカ、、冬至の湯に浮かんでいた。

数えたら、家族の人数分だった。

誰だろう・・・誰の 想いかな・・・。

あたたかかった。

IMG_0605

毎日が、今年最後の日々。

師走らしい・・・けれど、もう少し、ゆっくりでいいなぁ・・・

結局、飛び過ぎてきたからなぁ・・・。

酉年。

IMG_0609

冷える分野鳥の声が、鮮明になる冬・・・、

自然の干し柿の前に佇みながら、

どっしり、思いにふける。

 

すべき事が、出来ただろうか・・・と。

IMG_0607

好きな海外の国へ発とうかな・・・とか、

責任を終えたら、行こうかな・・・とか、

気持ちは自由だけれど、

ある日姪っ子が突然折った飛行機が届いたら、

 

お客様は勿論のこと、

様々な大小ある声が、

響いてきた。

 

天下野に。

IMG_0610

家族の様な、  親戚の様な、

兄弟の様な・・・眼差しが、

音なくも心に残る声となって、

活きている。

いつの間にか変化した、

絶対的な励み。

励む力となって。

IMG_0618

戌年。

先代と合わせて、ちょうど20年を、

迎える。

 

様々な声を捉え、

態と成せる立ち位置で在りたい。

 

平成の時代を生き抜いたな・・・と、

のちに物語が出来る様に。

 

すべき事は出来たと、

その時は、

大笑いをしよう。

 

 

 

 

 

 

 

Judgment

DATE:2017.11.15

何も考えないで、居たい。

ただただ座って、四季の移ろいを感じたい。

IMG_0587

ぽっと、侘助が呟いた。

今年に限って、一番多い蕾までもが、

同じような面持ちに観えた。

思慮深くさせる時期だからだろうか・・・、

あまりにも美しいからだろうか?!

同じ毎日が、晩秋、冬になるにつれて、

有り難みを増している。

IMG_0596

宝物が、年齢と共に益す分、くだらないと揶揄されても、

違うと批判されても、判断するエネルギーは、

その宝物と同じ様に、

内側で大切に養い続けよう。

あったまるものだから。IMG_0599

やっと、整いました・・・と、

言葉なくとも、数日間、新粉と会話した跡が、

姉の背中にはあった。

 

だから、もう、同じ事はしない。

 

自分達が、2人でし続けてきた事、

各々が体力のある限り、してゆきたい事を、

上手に分別する。

IMG_0604

おどけてみるのも、

大切にするのも、

同じ。

 

天罰は、  くだらない。

 

 

 

 

 

 

Eternity

DATE:2017.10.23

何の仕業でも無く、必要な雨水だったと、思いたい。

ぴったり10日間の長雨だった。

新しい蕎麦粉を両の手に触れるまで、

作業が20日分伸びたと断言できる。

IMG_0563

時にうんざりする、時間かもしれない。

苛立ち、まだかまだかと、傲が、出ては蔵め、

また出たら修め・・・繰り返すだろう。

天と共に在るのを、変えないから、

お客様には申し訳ないけれど、

こういう商いを長い目で受け止めて欲しい。

どこまでもし続けられるように。

IMG_0562

紅葉シーズンとは今年の新蕎麦も、ずれてしまうけれど、

逆らわずに在ろうと想う。

 

自分で彩る術を心得ている、自然の中に身を置いて。

IMG_0569

 

 

 

 

 

Flexible

DATE:2017.10.13

ホトトギスよりも、ツクツクボウシの方が威勢良く鳴き出した時期、

昨年は凶作で、畑を見るのが嫌だったな・・・。

コウロギが黒々と跳び始めて、夜長響かせる音色が、

心身も、通帳も、覚悟するしかないよ!と、

言っているようだった。

苦い、記憶・・・。

IMG_0549

柔軟に聞き入れて、匂いを嗅ぎ、覚え、耳を澄ます。

自然の言の葉は、毎時異なるだけに、

人間よりも、やはり作物が、一番行儀良くしているような気がする。

曲がりに曲がってしまっても、

元に戻る事が無くても。

IMG_0553

20周年の秋。

天下野に作り出される、マジックアワー。

IMG_0554

陽が、つるべ落としの如く早くても、

やらなきゃならないタイミングが、

やって善かった!!に、一瞬で、変わる。

IMG_0556

多くの顔が、浮かぶから。

粉に仕上がるまでの約1カ月・・・、

しなやかにまた、動き続けていよう。

 

新しい年を迎える為に。

IMG_0559

 

最近のたより

2018.6.21
Universal
2018.5.12
Name
2018.4.18
Human
2018.3.30
Please
2018.3.4
Do