Heap

DATE:2015.09.17

神様も、仏様も、ない。

Exif_JPEG_PICTURE

 

そう思ってしまうのが人間だから、縦にも横にもならない時は、思ったっていい。

なす術が無い・・・無力さを、摂理を、心身の悲鳴を・・・思い知らされると、

なおのこと。

お日様もいなくて、風もない日々が多い、初秋のはじめ。

体温に等しい夏日が、つい先月だったとは・・・。

残暑が、これ程までに少ないとは。

Exif_JPEG_PICTURE

 

こんなことになるなんて。

こんなことになるんなら。

素直に、甘えていれば善かったのかな。

可愛がって、許し続けて、たくさんお喋りして、いさめる事なく・・・

のんびり暮らしていれば、何か、違っていたのかな。

Exif_JPEG_PICTURE

 

天下野は、あっという間に育った蕎麦の絨毯に囲まれ、

悪天候の中でも実ってくれた稲穂の香りが漂う。

山は、充分すぎる水分を含み、湿度が保たれ、

菌、苔植物のみが、嬉しそうに潤っている。

この2ヶ月の間、雲の隙間から、数時間でも顔を出しては、

御来光の如く、様々なものの気持ちを、その都度穏やかに、

軽くしてくれた・・・慈しみの尊さを想う。

Exif_JPEG_PICTURE

 

目の前に無くなってしまっても、

目の前に立ちはだかっても、試練ではなく、経験。

いつか還ってくる・・・神様も、仏様も、ある。

絶えるまで、やっぱり、信じさせてもらいたい。

ついぞ囁かれて来たけれど・・・、

未年は、決して、悪い事ばかりではないはずだから。

Exif_JPEG_PICTURE

 

記録的豪雨により、多大な被害を受けられた方々に、

深くお見舞い申し上げます。

Independent

DATE:2015.07.28

いつかは止む雨や、明ける梅雨のようであればいいのだけれど・・・、

定かでない事には、時間がかかっても、

独立独行するに限るのかもしれない。

Exif_JPEG_PICTURE

 

細々と、商いを続ける。

独自の自由な時間があり、俗世間から・・・たまに、

遠いところに立っているような錯覚に陥ったりもしながら。

Exif_JPEG_PICTURE

 

理解の範疇を超えた育み。

勝手に混ざって、咲いていた。

なんら影響を受けずに、共存する。

1年分の洗濯物も乾いてしまう様な、高温な夏。

やっぱり、暑いのが夏だから、

同じように動いて、自然な汗をかこう。

Exif_JPEG_PICTURE

 

涼しい時間帯の草刈機の音や、

競争しているかのような虫達の声に耳を傾けて。

いつもとなり。

お散歩しては、南を向いて、共視する情景。

関わりがない事など無くて、

何かしら・・・関係している・・・してくるような、

ほんわか安らぐ時間。

Exif_JPEG_PICTURE

 

72日後には、真っ赤な秋になっているだろうか・・・!?

 

Guess

DATE:2015.06.19

あの!あの役者さん!!あれに、出てたじゃんっ!!・・・何だったっけ?!

あれ?あれだよ、あれ・・・?!

いやはや・・・、出ない。 時間がかかる。 ・・・遅い。

歳月がものをいうのだろうか・・・?!

当てはまらない事といえば、自然の芽吹きから、茂、

生い茂るという事の勢いだけだったような気がする。

Exif_JPEG_PICTURE

 ちょうどいい新緑の時期は年々早まり、短くなり、一気に、

緑に囲まれるようになりました。

晴天が続き、カラカラに乾ききった中でも、一所懸命に

咲き切ってくれた草花の面影を、来年へと導く。

Exif_JPEG_PICTURE

今では、「やっと!出番が来たっ!!」と、梅雨空のもと・・・

しとしと・・・潤い、蓄える。

絶対数、最低限・・・、個々人・・・想いとは裏腹な時の方が多い。

推測値さえも、当てはまらない。

未知数。

Exif_JPEG_PICTURE

 

いつか、解き当てられるかな・・・。

毎日同じ事をして、

毎年同じ、汗をかいていたら。

 

Exif_JPEG_PICTURE

 

居続けてこそ見えてくる素朴さ~米、小麦、蕎麦を作り続けて~。

咲かないと思って、生きる花は無い。

地に合った色で、ひっそりと、ここに居よう。

Exif_JPEG_PICTURE

 

家族・・・、乞う人々の健康を想いながら。

 

 

 

Match

DATE:2015.04.05

まだ日も浅いのに、だいぶ前の事のよう・・・。

Exif_JPEG_PICTURE

 

ウソが、少しも・・・食べ残してくれた桜が咲いてくれて、花冷え、雨の潤いの中、

しっとり・・・そんな想いに浸らせてくれます。

Exif_JPEG_PICTURE

 

皆、好一対。

燈火までも、また次回っ!!と、心に宿った祭礼に、

うってつけの晴天が続いてくれた事まで、懐かしい。

老若男女、「わくわく感」は共通していて、春爛漫の勢いに、

調和していたように思います。

Exif_JPEG_PICTURE

 

何を大事にするのか、 守ろうとするのか・・・、

続けようとするのか、 理解し難い面・・・、

判らなくったって、善いんだもんっ!!

結婚したって、変わらないんだもんっ!!

Exif_JPEG_PICTURE

 

等しい時間を過ごしていたい。

いつしか「けがの」が、記憶に残るかな?!

~ほのぼの~じわりじわり~

一所に、ちょうど良く釣り合う聡明さ。

Exif_JPEG_PICTURE

 

今年も、清明となり、いよいよ新緑の季節がやってきます・・・。

将来を楽しみにする心持を忘れずに、

一日一日、クタクタになるまで動いてみよう。

正攻法が、そのうち、身に合ってくるかもしれないから。

 

 

 

Commend

DATE:2015.03.19

遠い国で開催される事のように、ただ、ポァ~ン・・としたまま。

震災から4年が経ちました。

東京オリンピックか・・・。

まだ4年だ。 変わらない。 変わった事に向き合い、付き合う日々だ。

だからかな・・・ピンッとこないのだろう。

Exif_JPEG_PICTURE

 

 

鶯の鳴き声を聴きながら、静かな春を迎えて、

変わらないまま、日常の凄みを感じる。

無くす事の出来ない興味や、「いつか!!」と、想い描く事の自由。

無くし切ってもいい自信。

スッカラカンでもいい。

信念を忘れないでいれば・・・身を、委ねられる。

Exif_JPEG_PICTURE

 

「7年毎」。

そう・・・、この地の人達は、ついぞ想いに浸って来た事だろう。

「小祭礼」。

前回・・・・・・と思い返せば、愛した人も、景色も、

世情も変わる歳月が流れている。

今回は、集まっておこう!!

今回は、皆で観たい!!

一緒に居たい!!

昔の事を語り合って、褒め合って、一緒に眠ろう・・・・そんな気運が、

自然と強くなってきた気配がします。

Exif_JPEG_PICTURE

高齢化がどんどん進む中で、

「7年後はどうかな・・?!」と、考えてしまうものだろう。

けれど、しきたりや、人々を魅惑する祭礼自体は、

1200年以上も変わらないで続いている。

その託された地域の人が、一人ひとり、

繋げてきた気持ちが、結ばれている。

力強く、大きく、しっかり根を張って。

Exif_JPEG_PICTURE

 

 

幾年もここで、味わっていよう。

変わらない凄さの醍醐味を。

 

最近のたより

2018.10.22
Vouch
2018.9.25
Right
2018.9.13
Wild
2018.8.17
Messenger
2018.7.24
Luck