Next

DATE:2016.07.27

夢の続きがみたいな・・・そう思って、夕方から夜の仕事を片付ける日がある。

あのヒトは、誰だったのだろう?!

あそこは、何処だ?!行った事あるような、ないような・・・。

また、逢えるかな?!・・・覚めても、続いて続いて、しょうがない。

様々な、物、事、ヒトが、短編集となる、夢。

毎日は、足早に過ぎるけれど、細々 同じような日は、決して無い。

2、3日先、10日先、はたまた、来年度の事・・・感を頼りに、

どうか、どうかと、念じてばかりいたりする・・・日替りで。

がっ!!夢は、そういつもみれるものではない。

また、続きを!と、願えるはずもないものだ。

image

夏虫の音色が心地好いのか、  やっと、梅雨が明けるからか?・・・ここのところ、

睡眠は大事だと心掛ける自分がいる。

暑さに苛立つ事なく、奪われる体力、気力を補い、四季を身体で満喫する。

夢の中でしか、味わえない様な事になる前に。

image

家路につく前、庭を見渡す日課。

お待たせしたにも関わらず、その間、海に行くたび拾って来る石が、

見事に、微笑ましいオブジェになっていた。

ちょこん・・・ちょこんと。

目に浮かぶ仕草、間合・・・面影。

これから育まれてゆく、小さいけれど大きな夢も、

私達は、つむ事なく、正す事なく、見続けて欲しいと願う。

image

いつまでも夢は、また夢。           限りなく、 自由。

 

 

最近のたより

2017.12.23
Voice
2017.11.15
Judgment
2017.10.23
Eternity
2017.10.13
Flexible
2017.9.29
Stuff