Keystone

DATE:2014.06.19

ここ1,2年の間、田畑や敷地、家中を見渡すと、自分達のこれまでが、営態が、

重なって眼に映ります。 惜しみなく手間を掛けられる、 ちょうどのタイミングや、

広さ、量というものは有ると、感覚の中に宿ってはいますが、

はて?現実的な家事になると、その中枢は、深いところにあるものです。

Exif_JPEG_PICTURE

 

自己的な回想や、これからをどうしてゆくかという根本的な主旨が、

「日々に追われて」、「目先の事」、「気分」・・等の、

言葉や態度で片付けられて、無造作な体となる。

Exif_JPEG_PICTURE

 

「二足の草鞋は履かない」と継いだ際約束した、それ自体の中枢にある事をも、

己は、ただひたすら、じっと、眺めてきただけなのか・・・?

同じ事を、 ずっと、

同じように、やってきただけなのか・・・??

Exif_JPEG_PICTURE

自然に起こり得る変化を心身で感じ、 何を言われ、思われても続ける時、

そこで培ってきた免疫は、蓄えられて、漂うはずです。

一つでも、一人でも、解してくれる 存在がいたら、 踏ん張れるものです。

Exif_JPEG_PICTURE

 

「Must」は、義務なのかな?!

「Want」は、我欲なのかな?!

Exif_JPEG_PICTURE

 

昨日、今日あたりは、一年の ちょうど 真ん中。

勝手に、そろそろ・・・できたらいいな・・・・・と思っていた小麦刈り・・・・・

都合が噛み合った所も、ここ天下野6区の、ちょうど真ん中辺りでした。

両親と、親戚のおじちゃんも手伝ってくれて。

「Must」と「Want」が、イコールだからこそ動ける、

そんな日々の積み重ねを、この山あいでしよう。

理不尽さに埋もれる事のない、理にかなった道が続いてるから。

Exif_JPEG_PICTURE

 

 

 

最近のたより

2018.10.22
Vouch
2018.9.25
Right
2018.9.13
Wild
2018.8.17
Messenger
2018.7.24
Luck