Independent

DATE:2015.07.28

いつかは止む雨や、明ける梅雨のようであればいいのだけれど・・・、

定かでない事には、時間がかかっても、

独立独行するに限るのかもしれない。

Exif_JPEG_PICTURE

 

細々と、商いを続ける。

独自の自由な時間があり、俗世間から・・・たまに、

遠いところに立っているような錯覚に陥ったりもしながら。

Exif_JPEG_PICTURE

 

理解の範疇を超えた育み。

勝手に混ざって、咲いていた。

なんら影響を受けずに、共存する。

1年分の洗濯物も乾いてしまう様な、高温な夏。

やっぱり、暑いのが夏だから、

同じように動いて、自然な汗をかこう。

Exif_JPEG_PICTURE

 

涼しい時間帯の草刈機の音や、

競争しているかのような虫達の声に耳を傾けて。

いつもとなり。

お散歩しては、南を向いて、共視する情景。

関わりがない事など無くて、

何かしら・・・関係している・・・してくるような、

ほんわか安らぐ時間。

Exif_JPEG_PICTURE

 

72日後には、真っ赤な秋になっているだろうか・・・!?

 

最近のたより

2019.8.5
Reflection
2019.7.8
Cling
2019.6.3
Habit
2019.5.4
Continue
2019.3.30
Nerve