Eternity

DATE:2017.10.23

何の仕業でも無く、必要な雨水だったと、思いたい。

ぴったり10日間の長雨だった。

新しい蕎麦粉を両の手に触れるまで、

作業が20日分伸びたと断言できる。

IMG_0563

時にうんざりする、時間かもしれない。

苛立ち、まだかまだかと、傲が、出ては蔵め、

また出たら修め・・・繰り返すだろう。

天と共に在るのを、変えないから、

お客様には申し訳ないけれど、

こういう商いを長い目で受け止めて欲しい。

どこまでもし続けられるように。

IMG_0562

紅葉シーズンとは今年の新蕎麦も、ずれてしまうけれど、

逆らわずに在ろうと想う。

 

自分で彩る術を心得ている、自然の中に身を置いて。

IMG_0569

 

 

 

 

 

最近のたより

2018.11.27
Reckon
2018.10.22
Vouch
2018.9.25
Right
2018.9.13
Wild
2018.8.17
Messenger