Cheerful

DATE:2014.04.04

なんで?そんな暮らしをしているの?とか、儲けを考えたら?とか、

結婚したら?子供は?とか・・・・・色々いろいろ・・・・

継いできた歳月の中、私達には、常に浮かび上がる、疑問めいたものがあるらしい。

家族と、お客様方々と・・・数字と・・・向き合い、

ふっ・・・と、そういった事々を振り返ると、笑みがこぼれる。

自分でも、可笑しくて~未だ、変わらないから~。

「なんで?」

「ここで死ぬ。」と想える根拠のない、アンテナ。

強いだけに、立っているからだろう。

Exif_JPEG_PICTURE

 

姉とは、7つ離れている。

甥っ子、姪っ子とは、30以上。

ささっと、つまみ食いをするあどけなさの様に、そういう想いは、

黙って、握っていてもいい。

自分達の労力や、他諸々・・・数字では表しきれないのが、自営業。

けれど、何かしらの記念に必ず植えてもらった、木々たちに包まれて、

30,40代・・・過ごせている。

植生のには、顕著な真心と共に、一本づつ、根をはってゆく長い年月と、

様々な方の想いが詰まっているものだと、教わっている気がしてならない。

何にでも、寿命はあるから。

Exif_JPEG_PICTURE

 

包丁も箸も、ハサミも、スコップも・・・握る拳を緩めたら、

何ひとつ 育めない。  何も 生まれない。

言葉には限りがあったりするけれど、

5,10年、半世紀・・・時を経て、繋いできた想いは、届く。

そう・・・ゆっくり・・・示すことが、一所懸命であり、

次世代の絵図を創る事だと想っているから、

眺めていたい。

Exif_JPEG_PICTURE

 

そして、植生、自分たちの番を、快活に迎える。

春の陽差し強く、

天空 清らかな シーズン・・・清明ですね!!

Exif_JPEG_PICTURE

 

最近のたより

2018.4.18
Human
2018.3.30
Please
2018.3.4
Do
2018.1.31
Crazy
2017.12.23
Voice