Then

DATE:2019.01.11

IMG_0865

24時間の、身体に刻まれた時間配分は、確かに変わらない。

けれど、毎日、毎年、同じ様に過ごす事は、難しい。

年を新たに、 歳をもってして改めて、

その捉えどころのない歳月の面白さに気づく。

 

あの時も、、前も、、と、脳裏に浮かぶ一瞬の隙に、

それなら、、今回は、など、善い予兆を埋め込めば善い。

IMG_0868

「今年こそは、逢おうね」

無二の親友が、初めて年賀状に綴った、その想い。

「平日の方がいい」

私達がずっと大切に思ってきた事を、言葉にしてくださる方々の想い。

「やり方を考えた方がいい」

「私は、そうは思わない」

天下野に、四季折々の景色の分交差する、

数十分、数時間、出会えた方々の、思い。

IMG_0879

経営、、居植獣に重きを置いた、エイジングケア。

私達には、美容的な意味合わせは皆無。

20年分、これから・・・また、新芽を伸ばそう。

生きようとする「その時点」を、前頭葉に深く刻み、

ワクワク感をもったまま、 自信を持って老いる。

IMG_0882

止まない雨も、風もないけれど、降らない雨は、たまにある。

一番小さな社会だからこそ、

その調和の中に、身を置こう。

日常に、感動がある限り。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Day

DATE:2018.12.22

11月の残像に、心身  うなされて、目覚めると12月を迎えていた。

半ば頃から、車を停車する度、冬季の天下野になってきたなぁと、

潔く、春の為に生き変えている木々達を見ては思った。

 

逢いたかった。

食べたかった。

少しでも 、話をしたかった。

 

ひっそりした想いと同じ様に、

隠し切れない、喜怒哀楽というものが常々ある。

眼に、 素直に、 あらわれる。

 

継いでから寝込んで休んだ日が、1日も無い事が、

ある意味日々を支え、天下野に居ただけの様に想う。

 

私達が同じ40代で活きられる間に、

改元して、代を、共に出来る時間が残されているうちに、

好機として、活動期を迎えよう。

 

怒りや呆れ、無情。

そこに最も好いなものが、 有り難くも反射する。

 

帰り花に、笑われているだろうか?!

IMG_0863

冬至。

 

 

 

 

Reckon

DATE:2018.11.27

キッチン、ホール、、レセプに、ランナー、ウェイター・・・。

ざっと数えたら、5、6部に分かれていたな。

大店。

IMG_0840

小店。

特に11月、風が静かな朝、囲炉裏を整える為には、

3、4時間前店到着が、厳守。

常に4本の手と、4本の足だけが、頼みの綱。

IMG_0842

桜の葉が完全に散り終わると、

まず、一本目の楓。

立冬を挟んで、ドウダンツツジ、

そして銀杏も色付き、銀杏も散り始めると、

考えているか?の如く、

各々の楓が、彩り、舞い始める。

IMG_0847

お客様には、何と思われても致し方無い営み続きだが、

全滅、半分・・・、3分の一、不作の新粉を、

少しづつ、少しづつ集めては、打ち、

予め考慮しながら、提供してきた。

誕生日に、姉が、特盛を用意してくれた頃が、

今となっては懐かしい。

打ち粉も蕎麦粉。

計算しても、まだまだ、足りない。

IMG_0856

考えないでいられる日を、望んではいない。

目で会話の出来る、お客様方々が糧になっているから。

コンクリートの店は、隅々まで歩いてきた。

そろそろ、土の上に、立つ頃合いかもしれない。

1人でも。

IMG_0860

このままでいい事もあれば、

このままでは、

済ませられない事もある。

天下野だから。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Vouch

DATE:2018.10.22

誕生日でもないのに、誕生日おめでとうと告げると、

ありがとうと返す友が、日本には居る。

50歳を迎えられたあかつきには、

私は、坊主になる。

そう口にしてきて、友は、日本にいなくても、

空の上で、  海の上で、大地の中で、

未だ、いつも、笑い飛ばして聴いている。

有り難い。

IMG_0819

いよいよカウントダウン・・・。

きっと、  それこそ、  この天下野を心のスペースに

残してくれた方々に、すべて ひっくるめて、

各々色んな苦味までも、全部丸めて、

笑ってもらいたい。

・・・浪漫。

 

20年。

何もかも、体力の赴くまま、

私達家族も含め、地域の方々も、

先を、  見据えている、精一杯の、限界感・・・イナメナイ。 IMG_0826

手に負えない事の多さ、  動けなさ・・減少・・・。

今年は初めて、蕎麦の写真さえ写していない。

自畑の一粒の実を、手に取る事さえ、怖い。

 

新蕎麦云々さえ伝えられない。

正直  経営者としては、

まったくダメだろう・・・けれど、

初めて心底、  為せば、成る・・と、

毎日  信じている。

IMG_0833

他に幾らでもあるのに、

話さねばならぬ事さえ、口にせず。

 

お客様  ここを想って来てくださる、

年間、1000人以上の方々に、

継いでから10年目で、

二進も三進もいかない   状態だという事を、

私は、裏付けた事になる。

 

成る業を、  成らぬと捨つる儚さは、

昭和生まれのヒト一人。

請け合う方向へ。

他の欲求を考慮し、

自らの責任を引受けるまま・・・、

IMG_0814

あきらめずにいよう。

青い鳥は、   日常に   飛んでいる。

 

羽は、要らないのかもしれないな・・・。

あなたのそばがいいだけだもの。

IMG_0837

 

 

 

 

 

 

 

Right

DATE:2018.09.25

当たり前の事が、歪み、絡まり出したら、

止まらない。

正しいよ・・・とか、、

褒める、認める、などとゆう事は、

忘れ去られる。

このところ続く、

不安定な気象、曇り空の下だと、

余計に、そんな、小さな小さな社会の根本が、

目の上に張り付いて消えない。

笑みも消え、涙に変えるのも、

流すのももったいないから、

たまの空を仰ぐのも、

間違いのない、細やかなひと時となる。

救い。

IMG_0798

稲コキを終えた日、ちょうど彼岸の入りだった。

つくづく9月は、休日と呼べる日は1日も無いと思ったが、

整然と、もう、 御戻りを迎える。

様々な人に、厳しくも躾けてもらい、同様に、

褒め続けてくれたおかげ?で、

未だ、、、、、正確な判断をするのに、

2、3、考えるのは勿論、

我が目を確かめる仕草が残る。

目に見えない事も、

目の前で起こっている事も。

IMG_0799

朝、無かったのに。

一応、2回目の連休・・・、その!日中に!?

1トンまではいかないにしても、大きな石が届いていた。

面白い。

 

天下野を、思い描いてくれたのだろう。

 

祖父母と同時代を、掛け歩いてきた、

おじちゃんからの贈物だった。

笑われても、けなされてもいい。

苦しくて、胸がトンケトンケしたら、

 

しゃがんでみようかな。

しゃがんでほしいな。

IMG_0806

明るい未来図を、

動じぬこの石に、

みんな込めて。

IMG_0807

 

 

 

 

 

最近のたより

2019.1.11
Then
2018.12.22
Day
2018.11.27
Reckon
2018.10.22
Vouch
2018.9.25
Right