Day dream

DATE:2017.07.20

夢のような話かもしれない。

駅がある所まで、天下野からは、20キロ程の距離がある。

大切な場所からは、もっとあるだろう。

IMG_0491

5,000株の紫陽花の地になるのは・・・そう遠くはないはずだ。

灼熱の陽に鍛えられ、朝晩の気温差に救われながら、汗を、存分に流す。

楽しいが・・・余りにも又の夢のよう。

IMG_0492

一本、 暦通りの恵みに従い、

空想と揶揄されても、

一本・・・

心の柱に据えたい。

IMG_0509

背を向けずに、真正面から。

躊躇なく。

 

温暖化は、もはや手遅れだよ!と、自然から教え込まれれば、

ならば従うのみ・・・!! と、

生き抜こう。

IMG_0510

空と大地と生き物から、

私達が最小限できるであろう事を、

身体に染み込ませる為の、

夏が来た。

あるがまま・・・任せたら・・・、

四方八方、

花開くのかも知れないな。

IMG_0511

何の支えも無く・・・、力強く立って。

 

 

 

 

 

 

 

Physis

DATE:2017.06.07

歳月は育てる、、、と、よく口にする友がいる。

してきた事も、したい事も、それこそ時間と共に人間は、

異なるのかも知れないけれど、万物に、この諺は、

当てはまる気がしてならない。

IMG_0458

先代からの冷凍冷蔵庫は、今日を迎えるまで、

私達の拝みを聞いてくれて、

動ききってくれた。

継ぐタイミングで、父が直してくれた品々も、

暴風雨に曝されても、

立っていてくれた。

IMG_0466

鍵も不具合・・・2人だし、用心も兼ねてと、

7年間、閉ざしていた扉もあった。

 

脳裏から離れない事は、計り知れない底力まで、

思いもよらない事態になっても、

興させてくれるのだな。

IMG_0463

しぜんの中へ、どんどん・・・。

何ひとつとして、代わりは無い。

泣いても、苦しくても、

今出来なければ、その後も、きっと出来ないだろう。

元気よく。

IMG_0472

想った事は、何年かかっても、出来るっ!!

先代も、私達も、

たまたま、女性だった。

 

だからもう少し、這いつくばれるはず・・・

しぜんと同化出来るかも?!

IMG_0476

要人を、大切にして・・・、

ここの人生、

思い出せなくなる程の歳月にするのも善いだろう。

IMG_0479

忘れかけた頃、

何かは、育っていると信じて。

 

 

Mechanism

DATE:2017.05.24

ここは、3枚、窓にした方が善いと思う。

高校生だったな・・・わたし。

私があの夫婦に買ってもらえて、酒屋さんに長年、

飾られる事になったのも、

ちょうど同じ頃だ。

20年前か・・・。

IMG_0433

瞑想一途も、悪くない。

高い低い、

遠い近い、解らない・・・判った。

IMG_0437

分からないままかもしれないけれど、信じる。

居続けて、見えてくる光景を。

毎年目の当たりにする、現実を。

 

目紛しい事など、実は無い。

1日の中で、沈静を見付けて。

IMG_0438

明日を迎える。

しなければならない事は、しておこう。

 

座ったままを選ぼうが、

動きっぱなしを選ぼうが、イッショ・・・変わりはない。

IMG_0440

ヒトヒトリが出来る事に、大差も無い。

 

 

ネヲアゲルか?

ネヲハルか?

 

IMG_0453

いきてみよう。

なんどでも。

 

Catch

DATE:2017.04.23

IMG_0413

病に感染していても、強風に襲われても、咲き尽くす。

真似したいな・・・と、今年もやっぱり想って、

全身で受け止めた。

この場所で。

見て、聞いて、学ぶ。

解る。

忘れる事も、 思い出せない事も、

できていた事が出来ない事も、

想いが交差しない事も、

まあ・・・いいじゃないか!?と、受け入れて。

想いは、

偶然に、   適切な時期に、

 

ひっかかってくれるとも、

教わった春。

IMG_0416

決めたからには、何を思われても、

互いに、すべき事をし続けてきたと振り返る。

姉妹ではあるけれど、その域はとうに、超えた。

パートナーとして、

全面的な信用を置ける。

がっ!!

身体は、7年前と同じではない。

 

信念を貫けなくなったり、

労力よりも勝るモノが、はまって抜けなくなったら、

その頃合い。

IMG_0421

間に立って、未然にくい止めてくれた人の面影が残っていた。

何の気なしに、何年と見てきた一本の木の下。

しゃがみこんで 、ひと休みする贅沢。

 

一本が二本になって、  生きている。

IMG_0422

思い出せなくて、忘れて、喧嘩してもいい。

しちゃいけない事をしたら、

簡単明瞭に動いて、結果オーライにしよう。

想いの場所へ行ける、

そのタイミングに間に合えば至極。

IMG_0426

爽快な心持ち。

いつの日か天下野が、そういう場所になったらな・・・。

 

それぞれに歳月が流れても、

あの人が、あの子が、来てくれる場所で在ろう。

 

いつでもいい。

IMG_0430

お父さんになってきたな・・・、

お母さんになったよ!・・・、

大きな手でも、小さな手でも。

 

もう、来れないから・・・と、言ってくれてもいい。

 

掴んでもらいたい。

IMG_0431

天下野の空気を。

 

 

 

 

 

 

Daily

DATE:2017.04.05

新聞の一コマに、

そろそろ今年も、本気を出すか!・・・と、あった。

いくら数えてみても、

例年と比べてみても、

はて?!・・・暖冬とはいえ、北風が吹くだけ吹いた、

冬?長く冷えた、今年の4分の1だっただけに、

ホッケッキョ!!っと、奮い起こされた。

確かに、その通りだっ!

IMG_0387

おっくうで、出来ないけれど、好きなんだ・・・。

枯れちゃうと可哀想だから、3年間、水はあげてきた。

 

その老齢の方の想いを、

増やし、戻し、活かしたい。

 

冷えて、動けなかった方々が、

勢いのある日差しの力で動いてくださる日を、

待ちたい。

IMG_0389

数えてみれば、ややこしい表現だけれど・・・、

手づくりの郷    天下野は、

20周年の春。

 

毎年、何百人もの想いが集まって、立ってきた。

いきる為に過ごした年月、

苦と思った日は、無いだろう?!

植えてくれた、あの、おじいさんと、おばあさんが、

そう言ってた気がするよ・・・。

IMG_0396

今年も、咲けるところは、咲くから。

 

あの鳥は、花芽をついばんでも、

お腹いっぱいにはしないで、飛び立ってくれた。

 

古木に寄り添う枝々に、

大丈夫っ!!と、諭しているような・・・、

まるで、口元の薄ピンクに見える桜の蕾が、

時間を、また、更新してくれている。

 

約束出来ない程、

毎年、異なる。

 

でも、毎年、

同じ事を続けて、

朝を迎えようと想う。

酉年だからだろうか・・・、

野鳥に日々、教えられる・・・ほのぼのさ。

 

南風が、やっと、吹き始めた。

IMG_0401

最近のたより

2017.7.20
Day dream
2017.6.7
Physis
2017.5.24
Mechanism
2017.4.23
Catch
2017.4.5
Daily