Humor

DATE:2021.11.12

羊歯も鳴子百合も、スポッスポッと抜けて、

目視で数えられる程度の桜の葉になれば、

大地のグラデーション豊かな季節となる。

信号機の様に一定ではないのが、醍醐味。

早くも時間に身体がついていかない日々だけれど、

木々に同調しなければ、天下野の冬に乗り遅れる。

来春の事もあるから、段階式だけれど、極力ギリギリまで、

朽ちてゆく調子に合わせるのが、私は好きだ。

日曜祝日を休業日にして、春夏秋冬、15年以上、

何台も連れだって来てくださっている方々、

継ぎ始めた頃から気に掛けてくださっている方々・・・には、

御迷惑をお掛けし続けているけれど、

私的には、これまでとは違った、今だからワカル・・・

新しい数分間の積み重ねが出来ている様に思う。

数十万の減を承知の上で取り組んでいる先には、

感染対策案とは別に、飲食、観光業の、

曜日を超越した商いの未来を思うから。

そこに、真っ正直な食がいつもあり、

毎日変化する地空間が在れば、

人間味溢れるおかしさが集うだろう。

この気性自体、滑稽だが、もうそろそろいい。

気ままで。

最近のたより

2022.1.11
Well-being
2021.12.16
Naked
2021.11.12
Humor
2021.10.20
Settle
2021.9.23
Conjure