1998年主婦3人で始めた山の上にある小さな蕎麦屋。

地のもの、旬の味を提供し続けて13年目の春、

私達姉妹は、代替りしました。

地域の方々、お客様に支えられてきた20年の月日。

震災後、明らかに変化した自然の中で、一所を無条件に愛する。

人生を、どう導くか・・・自分自身で。

先祖が居てくれたから、先代が始めてくれたから、

両親が居てくれるから・・ではない、

これからの1年、いちねん。

 

私達の世代で、繋げてゆかなければ確実に無くなるのが、

その土地の蕎麦と、小麦の味だという想いを、

貫き通す年廻りです。

 

気取った事もない、メニュー、他、明記する事もない・・・

ありのままの味覚。    空間。

 

安住の地だからこそ、出来る事。

ふたりでも、ひとりづつ、動ける事を。

心の ふっとしたスペースに残る 一所で在れるよう、

今後も、誰が継いでも善い・・・天下野づくりとして、

努めてゆきたいと想います。

 

ふたりでの営み故、多々ご迷惑をおかけしてしまう時がありますが、

何卒、御理解頂けますよう、宜しくお願い申し上げます。

 

〜Catch crop〜繋がる実りに感謝を込めて〜

手づくりの郷     天下野            長嶋康子      長嶋純子

 

 

 

最近のたより

2017.12.23
Voice
2017.11.15
Judgment
2017.10.23
Eternity
2017.10.13
Flexible
2017.9.29
Stuff